レッドリボン


エイズへの理解と支援のマーク

レッドリボン
HIV・エイズと共に生きる人々(people living with HIV / AIDS)の象徴(シンボル)。
偏見を持たず、差別せず、理解し、支援するための、世界的な社会運動を象徴する。


マーク由来

“レッドリボン(赤いリボン)”は、もともとヨーロッパに古くから伝承される風習のひとつで、
病気や事故で人生を全うできなかった人々への追悼の気持ちを表すものでした。


この“レッドリボン”がエイズのために使われ始めたのは、
アメリカでエイズが社会的な問題となってきた1980年代の終わり頃。


このころ、演劇や音楽などで活動するニューヨークのアーティスト達にもエイズがひろがり、
エイズに倒れて死亡するアーティスト達が増えていきました。
そうした仲間達に対する追悼の気持ちとエイズに苦しむ人々への理解と支援の意思を示すため、
“赤いリボン”をシンボルにした運動が始まりました。


この運動は、その考えに共感した人々によって国境を越えた世界的な運動として発展し、
UNAIDS(国連合同エイズ計画)のシンボルマークにも採用されています。
レッドリボンは、あなたがエイズに関して偏見をもっていない、
エイズとともに生きる人々を差別しないというメッセージです。


もっとエイズのことを知ってもらうために、厚生労働省主催でライブも開かれているようです。
RED RIBBON LIVE


ポイント レッドリボンは、HIV・エイズに関して理解や支援を示す世界的マーク


トップページ | サイト概要 | お問い合せ | リンク
inserted by FC2 system