HIV検査


「HIV検査ってなに?」

HIV検査とは、
エイズの原因となるHIVに感染しているかどうかを調べる血液検査(スクリーニング検査)のことです。
少量の血液(約5cc程度)を採って、HIVの抗体ができている(陽性)か、できていないか(陰性)を調べます。
もし、このスクリーニング検査で陽性と出た場合、確認検査を受ける必要があります。


HIV検査は、全国のほとんどの保健所などで、HIV検査・相談を受けることができます。


保健所のHIV検査は「匿名」「無料」で受けれます。
プライバシー保護のため匿名で検査ができるほか、無料で検査ができます。
全国の保健所などで検査ができます。
自分の住んでいる場所以外の保健所でも可能です。
また、医療機関でも検査はできますが、5000円〜1万円程度の費用が掛かります。

保健所や病院での検査のほか、簡易検査キットも販売されています。
検査の流れなど詳しくは、次のページでさらに解説しています。


「どうして検査が必要なの?」

HIV感染の早期発見につながるからです。
HIV陽性の場合は、早期に治療を開始することで、
長期間エイズの発症を抑えたり、遅らせたりすることができます。
陰性の場合は、感染予防を心がけるようにしましょう。


HIV感染者が増加しているからです。
21世紀に入り、アジア地域におけるHIV・エイズの流行は拡大し続け、
日本でもHIV感染者報告数は年々増加し続けています。


また、HIV検査の検査を受ける人は、近年急激に上昇しています。
1987年から保健所において匿名のHIV抗体検査が行われるようになりました。
この数年間は検査件数は中だるみでしたが、最近では検査期間の短縮などもあり、
検査を受ける人が急激に増えています。


気になることがあるようだったら、検査を受けてみましょう。
保健所なら無料です。


「検査を受ける前に」

感染が心配な場合は、検査の前にも医師や保健師などに相談することができます。
わからないこと、不安なことは、なんでも相談しましょう。


エイズ電話相談 / (財)エイズ予防財団
HIV・エイズについて電話で相談ができます。
TEL 0120-177-812
携帯電話 03-5259-1815
相談時間 AM 10:00 〜 PM 1:00 / PM 2:00 〜 PM 5:00
(祝日・休日を除く月曜日〜金曜日まで)


さらに検査場所なども公開しているサイトがあるので、不安なら調べましょう。


ポイント 血液中の抗体ができているかいないかを調べるHIV検査


トップページ | サイト概要 | お問い合せ | リンク
inserted by FC2 system